filter : On >

ED103Sによる月の撮影

date : 2013年12月08日 - 19時52分

tag :

使用機器 : GPD2, ED103S, DMC-GX1 12月8日19時13分

先ほど初天体観測&初撮影しました。

いざPanasonic GX1で撮影しようとしたら、レンズを装着してくださいっていうエラーが出て焦る。
これはカメラのカスタム設定で、レンズ無しモードというのを選んで解決。

とりあえず第一目標の月をゲットしました。

ぼけているのは筆者が単に下手なだけです…。とにかく撮影できて感動です。
眼視ですとクレーターがくっきりです。

ちなみに札幌のマンションのベランダから撮影しています(^-^;)
この季節は曇りや降雪が多くなってなかなか星などは見られませんが、今日は雲の隙間から撮影できました。

それよりも一番の問題は南向きなので、北極星の位置が全く分からず赤道儀の極軸合わせが困難という点です(ToT)
精度は落ちますが、北極星が見えない場合の極軸合わせ方法についてこれから勉強していきたいと思います。

天体望遠鏡を購入

date : 2013年12月06日 - 17時51分

tag :

趣味を1つ増やそうと思い、アウトドア方面で天体写真撮影はどうかなと、1ヶ月くらい前から望遠鏡の購入を検討していました。
悩んだ末、先日ようやく踏み切ることができました。

購入した主な製品 (赤道儀・望遠鏡・三脚はセット商品)

赤道儀
Vixen GPD2
望遠鏡
Vixen ED103S
三脚
Vixen SXG-HAL130
ガイドスコープ
GS-60S
オートガイダーカメラ
ASI120MC

赤道儀の候補としてケンコー・トキナー製SEII、セレストロン製ADVANCED-VXやSky-Watcher製EQ5 GOTOも挙がりました。

AVXやEQ5は安すぎるので、こういうものは長く使えないだろうと判断。VXはDCモーターであるのも少しマイナスポイント。
SEII(コントローラ・三脚等搭載)は178000円で、GPD2はコントローラ・三脚込みで128300円。
5万を上乗せしてSEIIにする理由とは何でしょう?大きな違いとしては自動導入機能の有無くらいしか、筆者には分かりません。
耐荷重や安定性などはSEIIの方が上だと思いますが、Vixen製の方が品質が良さそうなのでGPD2の方が魅力がありました。

ということで、結局は日本品質を選びました。セット商品なので安心感が大です。
なんだかんだ言って、極めて無難な選択をしただけになっています (-_-;)

自動導入機能はあってもなくてもという感じでしたので。
それ以前に、自動導入機能に関してよく分かってない部分があります。
モーターが付いていてオートガイダー端子が付いているなら、自動導入って自作ソフトウェアで制御できると思うんだけど。
うーん…そういう問題ではないのかな。ソフトウェア探したけどよく分からなかった。理論的に可能ならソフト屋としては自作したいところです。

天体望遠鏡に1度も触ったことの無い初心者ですが、なんかもうオートガイド撮影をとにかくしたいので、まとめて買ってしまった。

他にも欲しいパーツが色々と。。。

うん、12月の賞与が消えていく…。フフッ(瀕死)

不明なデバイス Intel(R) 8 Series LPC Controller (Premium SKU) – 9C43 の対策

date : 2013年12月04日 - 13時25分

tag :

※症状が発生した環境
マザーボード: Intel製NUCベアボーンキット BOXD54250WYK に搭載された BLKD54250WYB
OS: Windows Embedded Standard 7

デバイスマネージャに「不明なデバイス」として「Intel(R) 8 Series LPC Controller (Premium SKU) – 9C43」が出てしまう。


Continue reading

Google Earthで気になった 道道111号線

date : 2013年12月02日 - 21時22分

tag :

筆者は札幌に住んでおりまして、道東へ抜ける道をGoogle Earthで再確認していたところ、なんかおかしな道路を発見。

見づらいですが薄黄色の線が道路です(画像左、および右上)。
それぞれ、終端があり途切れている道なのですが、どちらも道道111号線という表記となっていました。

どっちも111号なのかぁ。
ということは、いつか繋がるんですかね。

そう思いまして早速Wikipedia参照したところ…。

21.3kmの未開通区間があり、両町村の境界に掘削予定の静中トンネル(延長4,782m)を含む7.4kmは未着工となっていたが、1984年の着工から2003年の19年の歳月に約540億円[1]の建設費が費やされたにもかかわらず、さらに40年近い工期と約980億円[2]の資金が必要であったため、2003年(平成15年)8月8日に北海道開発局より計画の凍結(実質中止)が発表された。

\更に40年と980億円が必要/

一体この山脈のどこを開拓しようとしたのか、大変気になるところです。
1984年「谷に沿って開拓していけば何とかなると思います。」 「よっしゃ。」
2003年「谷なくなります。もう絶壁しかありません。」 「よし、疲れたからやめるべ。」
ってとこでしょうかね。

今となっては、道東自動車道が開通したおかげで日勝峠を回避して一気に帯広に抜けられるようになり、大変便利になりました。

北海道雑学でした。

PHPでサイトアドレスからドメイン名を抽出する

date : 2011年12月23日 - 23時47分

「www.x1.test.co.jp」や「www.test.co.jp」から、「test.co.jp」を抽出したり、
「www.x1.test.jp」や「www.test.jp」なら「test.jp」にするみたいなアレ。

//$address は、"http://"などは除去済みとする。
$address = "www.x1.test.co.jp";

$pieces = explode(".",$address);
switch(count($pieces)) {
	case 0 : 
	case 1 : return; //echo $addressに「.」が1個も無い。処理中断。";
	default : $hit = preg_match('/(co|or|gr|ne|go|lg|ac|ed|ad)$/', $pieces[count($pieces)-2]);
}
if($hit && count($pieces) == 2) return; // $addressが「computer.jp」ならあり得るけど「co.jp」とかなら処理中断。
array_splice($pieces, 0, count($pieces)-2-$hit);
$domain = implode(".", $pieces);

//$domain = test.co.jp

XREAでPHP(CGIモード)利用時のContent-Typeヘッダ

date : 22時05分

tag :

XREAを利用しているのですが、PHPをCGIモードで動かすとHTTPレスポンスのContent-Typeヘッダがどうもtext/html固定になってしまう。
少し調べたところCORESERVERでも同じことが起こり得るらしいことが分かった。

筆者の場合、

header("Content-type: text/html; charset=utf-8");

と記述しても変わらないという問題に遭遇したのですが、 このレスポンスヘッダの前に何らかのヘッダを出力していると明示したContent-Typeにできるみたいで、

header("Server: Apache");
header("Content-type: text/html; charset=utf-8");

みたいにヘッダを出力するとうまくいくようだ。

この回避策だけだと都合の悪い場合があるかもしれないけど、それはそれで遭遇したときに考えることにしよう。

Visual Studio 2010 VC++ で マルチ ターゲットを使用するときの注意点

date : 2011年07月09日 - 19時58分

tag :

Visual Studio 2010 Professional の Visual C++ でソフトウェア開発中なのですが、

ビルドした実行ファイルを.Net Framework 4必須にしたくなかったので、マルチ ターゲット機能を用いて.Net Framework 2.0さえあれば動くソフトウェアにしようと思ったわけです。

結果的に思い通りにはなったのですが、到達するのにいくつか設定が必要でしたのでメモ。

まず、マルチターゲットを.Net Framework 2.0にしてビルドすると下記のエラーが出る

error MSB8009: .NET Framework 2.0/3.0/3.5 は、v90 のプラットフォーム ツールセットを対象としています。
コンピューターに Visual Studio 2008 がインストールされていることを確認してください。

Continue reading

XenserverにCentOSを導入し、XenCenter上でグラフィックモードで操作する。その2

date : 2011年05月22日 - 22時10分

tag :

その1「XenserverにCentOSを導入し、XenCenter上でグラフィックモードで操作する。」
http://itdb.jp/blog/2011/03/11/graphical-centos_on_xencenter/
の続き(?)

前回から状況は変わり、最近公開されたXenCenter 5.6 fp1日本語版に、これまた最近公開されたCentOS 5.6を導入するお話しです。

で、また詰まったわけです。

なぜかグラフィックモードにならない。

これ3時間悩んだのですが。ほんと些細なところで引っかかってただけでした。

Continue reading

記事一覧